任意売買について

  1. ホーム
  2. 任意売却について

任意売買について

任意売却とは

ローン等の返済が困難になった時に、債務者と債権者(各金融機関)の間に仲介者が入り競売入札が行われる前に双方合意のもと対象の不動産を任意で売却する事。


住宅ローンや借入金などの返済で債務者が困難になった場合、債権者が抵当権に従って担保不動産を差し押さえ 不動産競売の申し立てを行います。
しかし、不動産競売の手続きが行われる前に債務者と債権者の間に仲介者が入り、不動産所有者と各債権者の双方の合意のもと納得する価格を設定すれば不動産を競売でなく、市場で売却する事が可能です。 これを任意売却といいます。

>>任意売却の流れ